住宅の穴【イエアナ】

家を建てることを検討している方向け!ハウスメーカー/工務店のランキング・口コミ・評判・クレーム情報をチェック!

タマホーム

タマホーム株式会社

タマホームのお得感分析

ハウスメーカーのお得感とは?こちらをお読みください

2017

決算資料から分析します。

タマホームの2016年度の売上高は1,384億円、営業利益は18億円です。
営業利益率は1.3%です。
2015年より 0.2%下がりました。
売上高も100億円ほど下がっています。

この利益率は大手の高級よりのハウスメーカーと比べるとかなり低い数字です。
2015も悪かったですが、さらに悪くなりました。

住宅事業としての売上は1,168億円です。

タマホームはそのほとんどが戸建て住宅なので、公開データの数値の割合をそのまま
戸建て住宅として考えてみます。
売上金額は1168億円で粗利率を計算
会社全体としての粗利率が売上総利益より25.7%なので

1168 * 0.743 = 869億円
として計算できます。
前年度同様に
1168 – 869 = 300億円が粗利です。
2015年が260億円ほどですから粗利率が増えました。
消費者からすると割高になりましたね。

戸建注文住宅の販売戸数は前期7409棟と当期7626棟の例えば間をとると7518棟になります。
タマホームによると平均受注金額は、
1戸あたり単価1773万円です。

300億円 / 8160戸 = 399万円となります。

これがタマホームが原価に上乗せしている一戸あたりの平均金額とします。
前年は300万円でした。

タマホームは自社で坪単価50万未満と公表しています
例えば49として計算すると
1773万円 / 49 = 36.1坪
がタマホームの平均坪数と出せます。

お得感ポイントは

平均坪数が36.1坪なので
36.1 * 3.3 = 119.01m2

399万円 / 119.01 = 3.353
となり、100点満点で評価すると (10 – 3.353) * 10 = 66.4ポイントとなります。

タマホームの2016のお得感ポイントは 66.4です。
他と比較してみましょう。

前年度は73.2でした。
お得感が下がりましたね..
それでも、他のハウスメーカーと比較すると、お得感は高い方です。

1 2 3 4 5 6 7 8

タマホーム

ハウスメーカーランキング

ランキングをもっと見る

ハウスメーカーの選び方(コラム)

もっと見る
※各数値は独自の調査に基づくデータ自動取得および独自の調査に基づく入力値によるもののため公表値とずれがある場合があります、念のため最新の情報を参照ください。