住宅の穴【イエアナ】

家を建てることを検討している方向け!ハウスメーカー/工務店のランキング・口コミ・評判・クレーム情報をチェック!

«ハウスメーカーの選び方へ

タマホームのお得感分析 2015

By: Nori Norisa

2015

決算資料から分析します。

タマホームの2015年度の売上高は1,495億円、営業利益は23億円です。
営業利益率は1.5%です。
この利益率は大手の高級よりのハウスメーカーと比べるとかなり低い数字です。
今回はとりわけ決算が悪いということもあります。
薄利、とも言えますが、どちらかというと売れなかった、という見方が正しいでしょう。

住宅事業としての売上は1,307億円です。
他の大手メーカーは住宅事業意外でもかなりの収益を上げていますが
タマホームはほぼ住宅事業一本と言えるでしょう。
リフォームや、賃貸事業も含まれていますがその数は多くありません。

タマホームはそのほとんどが戸建て住宅なので、公開データの数値の割合をそのまま
戸建て住宅として考えてみます。
売上金額は1307億円で粗利率を計算
会社全体としての粗利率が売上総利益より25%なので

1307 * 0.75 = 1047億円
として計算できます。
これが住宅事業の原価として考えられるでしょう。
そのうち
1307 – 1047 = 260億円が粗利です。

戸建注文住宅の販売戸数は前期8919棟と当期7409棟の例えば間をとると8160棟になります。
タマホームによると平均受注金額は、
1戸あたり単価1773万円です。

260億円 / 8160戸 = 318万円となります。

これがタマホームが原価に上乗せしている一戸あたりの平均金額とします。

タマホームは自社で坪単価50万未満と公表しています
例えば49として計算すると
1773万円 / 49 = 36.1坪
がタマホームの平均坪数と出せます。

お得感ポイントは

平均坪数が36.1坪なので
36.1 * 3.3 = 119.01m2

318万円 / 119.01 = 2.676
となり、100点満点で評価すると (10 – 2.676) * 10 = 73.2ポイントとなります。

タマホームのお得感ポイントは 73.2です。
他と比較してみましょう。

やはりローコストメーカーなので薄利多売として
高い数値になります。
さらに「妬みベース」で考えると儲かってない方がお得に感じる、ということなのですね。

ハウスメーカーランキング

ランキングをもっと見る

ハウスメーカーの選び方(コラム)

もっと見る
※各数値は独自の調査に基づくデータ自動取得および独自の調査に基づく入力値によるもののため公表値とずれがある場合があります、念のため最新の情報を参照ください。